専門家が提案する問題解決策とその解決策が社会と環境に及ぼす影響について、非専門家が批判的に問うための質問リスト

解放的境界批評とは?

解放的境界批評(Emancipatory boundary critique)は、専門家の問題解決策の根底にある規範的な前提とその解決策が社会や環境に及ぼす影響を、非専門家が明らかにできるように考案された質問のリストです。これは、ヴェルナー・ウルリッヒが開発した専門家の内省的実践のためのフレームワーク、批判的システムヒューリスティックス(CSH: Critical Systems Heuristics) を用いる方法です。

なぜ使うべきか?

どの問題解決策にも必ず前提条件があります(ウルリッヒの用語で「境界判断(boundary judgments)」)。こうした前提条件とその結果を批判する際、専門家は非専門家と同じくらい素人と言えます。そのため、その結果を引き受ける当事者がこうした前提について話し合い、決定することが不可欠です。

いつ使うべきか?

この方法は、問題に対する特定の解決策を批判的に考察し、議論するために役立ちます。解決策が提案されたその時から、使うことができます。

どのように実施するか?

解放的境界批評では、非専門家が専門家に投げかける「境界判断のための質問チェックリスト」(Ulrich、2005年 p 11)を使います。次のとおり12の質問があります。


動機の源泉

1

クライアントや受益者は誰か(誰であるべきか)?つまり、誰の利益になるのか(なるべきなのか)?

2

目的は何か(何であるべきか)?つまり、その結果は何か(何であるべきか)?

3

改善の尺度もしくは成功の尺度は何か(何であるべきか)?すなわち、結果が総合的に見て改善であるとどうすれば判断できるのか(判断すべきか)


権限の源泉

4

意思決定者は誰か(誰であるべきか)?すなわち、改善の尺度を変える立場にある人は誰か(誰であるべきか)

5

成功のために必要なリソースや他の条件のうち、意思決定者がコントロールするものは何か(何であるべきか)?すなわち、関係者がコントロールできる成功条件は何か(何であるべきか)?

6

どのような成功条件が意思決定環境に含まれるか(含まれるべきか)?  すなわち、意思決定者がコントロールできない条件は何か(何であるべきか)?(たとえば、関係者以外の見地から)


知識の源泉

7

専門家か、それ以上のエキスパートと見なされるのは誰か(誰であるべきか)?すなわち、経験や専門知識を十分に提供できる者として関与するのは誰か(誰であるべきか)?

8

どんな種類の専門家から助言を求めるか(求めるべきか)?すなわち、何が関連のある知識と見なされるのか(見なされるべきか)?

9

成功の保証人と見なされるのは誰か、何か(誰であるべきか、何であるべきか)?すなわち、関係者は改善が達成されるという保証をどこに求めるか(求めるべきか)? たとえば、専門家間の合意、ステークホルダーの関与、関係者の経験と直観、または政治的支援か?


正当性の源泉

10

影響を受けるが関与していない人々の利害の証人は誰か(誰であるべきか)?すなわち、正当なステークホルダーとして扱われるのは誰か(誰であるべきか)、また、未来世代や人間以外の自然など、自己の意見を言えないステークホルダーを代弁するのは誰か(誰であるべきか)?

11

関係者の約束と約束に影響される人々の解放を担保するのは何か(何であるべきか)?  すなわち、正当性はどこにあるか(あるべきか)?

12

どんな世界観が決定的か(決定的であるべきか)?すなわち、さまざまな「改善」のビジョンのうち何を考慮するか(考慮すべきか)? それらをどう調和させるか(調和させるべきか)?

考え方の相違をどう埋めるのか?

解決策を提案する専門家と影響を受ける非専門家との間で対等な立場での対話が可能になり、考え方の相違が埋まります。

アウトプット・アウトカム*は何か?

アウトプットとして、提案された解決策に関する対話が生まれ、根底にある規範的な前提と社会や環境に及ぼす影響をオープンに審議することができます。全体的なアウトカムは、対話に参加した人々の間で解決の理解の幅が広がる(解放される)ことです。

誰がどんな役割を担うのか?

非専門家と専門家が少なくとも1名ずつ必要です。大きなグループの場合、モデレーター(司会者)がいるほうがよいでしょう。

何を準備すればいいか?

システム思考を研究してきたウルリッヒは、理解しやすいとは言えない表現を使っています(証人、意思決定環境、クライアント、保証人など)。そこで、上記で引用した12の質問では、続く2番目の質問(「すなわち」で始まる)で平易な言葉を使って境界のカテゴリーを定義しました。基本的な論拠を理解するには、「批判的システムヒューリスティックス」(Critical Systems Heuristics) を読むことをお勧めします。さらに、課題となっている解決策に関して、より具体的な質問を用意すると良いでしょう。ウルリッヒは具体的な質問の参考になる例を挙げています。たとえば、新しい種類の土地利用を導入する場合は次のようになります。 「この新しい農法を採用する手段や技術を持った人がこの地域にいるかどうか分からない。手段や技術を持った人たちだけのための計画ということにならないか」。(解放に有効な「クライアント」の質問) “(Ulrich, 2005, p13).

もっと知るには?

Gausemeier J, Fink A, Schlake O 1998. Scenario Management: An Approach to Develop Future Potentials. Technological Forecasting and Social Change, V59, N2, pp 111-130.

Schoemaker P J H 1995. Scenario planning: A tool for strategic thinking. Sloan Manage- ment Review, V36, N2, pp 25-40.

Von Wirth T, Wissen Hayek U, Kunze A, Neuenschwander N, Stauffacher M, Scholz R W 2014. Identifying urban transformation dynamics: Functional use of scenario techniques to integrate knowledge from science and practice. Technological Forecasting and Social Change, V89, pp 115-130.

【訳注】 *「アウトプット」は、ツールを使った結果として得られる状態や物(成果物)。 「アウトカム」は、アウトプットによって達成される、中・長期的な効果・成果。 ** 「批判的システムヒューリスティックス」(Critical Systems Heuristics)とは、”Critical Heuristics” または ”CSH”とも称され、実践哲学とシステム思考に基づいたフレームワークを指す。

このページの内容はスイスアカデミーによる「知の協働生産のためのツールボックス」を翻訳したものです。

(URL:https://naturalsciences.ch/co-producing-knowledge-explained/methods/td-net_toolbox)


【引用例】

Pohl, C. 2020 Emancipatory Boundary Critique. td-net toolbox profile (1). Swiss Academies of Arts and Sciences: td-net toolbox for co-producing knowledge. (ポール, C. 大西有子監訳 2022 『解放的境界批評-td-netツールボックス ツールno.1』 総合地球環境学研究所)

リーフレットはこちらからダウンロードできます

知の共創プロジェクト 知の共創プロジェクト
BACK