関与する多様なアクターの関連性を明らかにし、具体的な研究課題に取り組んでいくためのロールプレイ

アクター・コンステレーションとは?

アクター・コンステレーションは、ロールプレイです。あるプロジェクトに関与するすべての科学的アクターと社会的アクターに扮した者が中心的な研究課題を取り囲んで配置されます。あるアクターとその研究課題との距離、また他のアクターとの距離は、そのアクターがプロジェクトとどう関連しているのかを示します。

なぜ使うべきか?

プロジェクトチームのメンバーは、他のアクターがそのプロジェクトとどう関連し、潜在的にどう貢献し得るのかについて暗黙の想定をしている場合があります。アクター・コンステレーションの手法はそういった暗黙の想定事項を目に見える形で表わすのに役立ち、また全体による協議と適切な位置関係の決定を可能にします。

いつ使うべきか?

アクター・コンステレーションはプロジェクトの早期に実施すべきです。理想的なのは、問題の枠組みを設定する最中(チーム編成が進む段階)に行なうことです。

どう使うのか?

1

まずプロジェクトリーダーがプロジェクトの全体的な研究課題をラベル用紙に書き込み、その全体的な研究課題に対処できる最も重要なアクター(諸学問分野の代表者、市民社会や公的/民間セクターからのステークホルダー)を最大で10名考えます。次にプロジェクトリーダーは、そのアクター名をラベル用紙に記入します。

2

モデレーター(進行係)は参加者の中から各アクター役を探してそれぞれに適宜ラベルを貼り付けます。参加者が自分の役割についてあまりよく分からない場合は(「一般大衆」や「意思決定者」など)、進行役は分かりやすい説明をプロジェクトリーダーに求めます。

3

プロジェクトリーダーは研究課題を部屋の真ん中に置き、上述のルールに従ってアクターを研究課題の周りに配置します。プロジェクトリーダーは、なぜ各アクターがその特定の位置に立たされているのか、その位置でアクターは全体的な研究課題にどのような答えを示すのか(「情報」や「制度面でのサポート」など)を参加者に説明します。プロジェクトリーダーがアクター同士をどう相互作用させるつもりなのかを、矢印を用いて示すことができます。

4

ひとまず各々の位置につくと、アクターはそのコンステレーション(配列)をもとに対応していきます。モデレーターは、(a) 何らかの特定のアクターが欠けていないか、(b) アクターは自分が正しくない位置にいると思うか、思うのならどこが正しい位置でなぜそう考えるのかを尋ねます。そういったディスカッションを通じてアクターのコンステレーションは変化していきます。 モデレーターは、たとえばディスカッション中に生じたコンステレーションの主な変更点をまとめるなどしてディスカッションを終えます。(Pohl 2014以降に手順修正)

考え方の相違をどう埋めるのか?

アクター・コンステレーションでは、アクターを配置する人物の根底にある想定事項を明確にすることで考え方の相違を埋めていきます。暗黙の想定は周知のものとなり、それについての熟考とディスカッションができるようになります。

結果・成果は何か?

通常、アクター・コンステレーションのアウトカム(成果)として得られるのは当初と異なる修正版のコンステレーションです。そこには新たなアクターが加えられることもあるでしょうし、場合によってはアクターが互いにより近接して配置される、関連性が低くなる、あるいは姿を消すこともあるかもしれません。その結果として、プロジェクトのチームや組織を定め直すことができます。

誰がどんな役割を担うのか?

グループで実施する場合は、モデレーターがアクター・コンステレーションを進めていくことになります。アクター・コンステレーションはロールプレイなので、各アクターが自らを演じてはいけません。プロジェクトの参加者、プロジェクトとは関係のない人物のどちらも役割を演じることができます。 また、切った紙を使ってアクターに見立てれば個人でもアクター・コンステレーションを行なうことができます。そうすることで、科学的アクターと社会的アクターが研究課題への対処にどう貢献するのかについて、各自が自らの考えを明確化するのに役立つ手法となります。

必要な準備は?

手順を頭に入れておき、あとはラベル用紙、ペン、場所を用意すれば実施できます。

もっと知るには?

Pohl C 2014. From complexity to solvability: The praxeology of transdisciplinary research. In Huutoniemi K, Tapio P (eds). Transdisciplinary Sustainability Studies. A Heuristic Approach, pp 103-118. Abingdon, Oxon: Routledge.

Pohl C, Kruetli P and Stauffacher M 2017. Ten Reflective Steps for Rendering Research Societally Relevant. GAIA 26/1 (2017): 43 – 51.

このリーフレットは、td-netによる「知の協働生産のためのツール集」を翻訳したものです。最新の情報については、td-netのウェブサイトをご覧ください。

(https://naturalsciences.ch/co-producing-knowledge-explained/methods/td-net_toolbox)

ポール, C. 2021、アクター・コンステレーション、大西有子(監訳)、TD研究のツール集、総合地球環境学研究所
Pohl C 2020. Actor constellation. td-net toolbox profile (2). Swiss Academies of Arts and sciences: td-net toolbox for co-producing knowledge. www.transdisciplinarity.ch/toolbox. doi.org/10.5281/zenodo.3716720

リーフレットはこちらからダウンロードできます

知の共創プロジェクト 知の共創プロジェクト
BACK