LEARN共創を学ぶ

共創をするには

気候変動、森林火災、大気汚染、生物多様性の喪失、生態系の劣化、過剰な生産と消費など、私たちの地球は、さまざまな環境問題に直面しています。これらの問題は、人間の社会活動の進歩に伴い、引き起こされてきました。長い時間をかけて、広い地域にわたって進行してきたものゆえ、その解決は決して容易ではありません。しかし私たちには、未来を担う子どもたちに、自然の恵みを受け継いでいく責任があります。その責任を果たすには、各方面で問題に関わる人たちが協力し、解決に向けて一緒に考え、行動していくことが必要です。

地球環境問題は1970年代以降、徐々に国際的な認知を獲得してきました。環境問題に関する研究が数多くなされ、自然や社会の仕組みへの理解が大きく進んだようにも見えました。にもかかわらず、多くの環境問題は解決されるどころか、悪化の一途をたどっています。なぜなのでしょうか? それは、せっかくの成果が蓄積されていなかったり、「学術的な成果」と「社会が取りうる方策」に乖離があったりしたためではないでしょうか。

近年、各分野の研究者たちと実社会で問題に関与する人たちがともに社会的課題に取り組む、「共創」(トランスディシプリナリー、TD)手法が注目されています。国際機関や研究プログラムなどでも、実践が始まっています。しかし多くの人たちにとって、居心地の良い自身の領域を超えて、異なる分野の人たちと協働することには困難が伴います。そこで私たちは、共創の実践に役に立つさまざまな情報を各方面から集め、共創の基礎知識、心得、ツール、用語集、参考文献、情報集として整理しました。それが以下の「共創を理解するために知っておきたい6つのこと」です。皆さまの共創の実践に、ぜひご活用いただけましたら幸いです。

共創を理解するために知っておきたい6つのこと