トランスディシプリナリー(超学際/TD)プロジェクトで望ましいアウトカム(成果)を計画するためのフレームワーク

アウトカム・スペース・フレームワーク(OSF)とは?

アウトカム・スペース・フレームワークは、TDプロジェクトの参加者にとって望ましいアウトカムを差別化した方法で検討し、分類するための構造になります。TDアウトカム・スペースは3つの主要な領域―状況、知識、学習―に大別され、それぞれ(1)状況内や探求分野内の改善、(2)学術的知識、ほかの社会的知識の形態など、関連する知識のストックとフローの生成、(3)変化を持続させる可能性を高めるための研究者と研究参加者による変容につながる相互学習として詳しく定義されています。

なぜ使うべきか?

知識共創プロセスの参加者は、さまざまな理由でプロジェクトに入り、プロジェクトのアウトカムにさまざまな期待をします。早いうちに話し合っておけば、この期待の違いを浮上させて透明性を高め、プロジェクトチームにとって、またプロジェクト境界内外で望ましいアウトカムはどれなのか共同で明らかにできます。この期待が曖昧なままだと、たとえば採用する方法論的アプローチや関わるステークホルダーをめぐり、議論を長引かせてしまう可能性があります。それはプロジェクトのアウトカムに対する期待が異なることに起因し、根ざしていることがあります。しかも、参加者はアウトカムにさまざまな局面があることに気づくようになります。
たとえば、主として状況の変化に関して一定のアウトカムを期待している参加者なら、理想的には知識や学習に貢献するアウトカムをよく考えるべきなのです。

いつ使うべきか?

理想を言えば、アウトカム・スペース・フレームワークはプロジェクトが始まったばかりのときに採用して、目指すアウトカムについて交渉し、計画すべきです。アウトカム・スペースは、プロジェクト参加者のアウトカムに対する期待が異なる場合、一面的な場合、曖昧な場合にも利用できるでしょう。
オンラインの体験レポートにあるように(bit.ly/2umip2L)、アウトカム・スペース・フレームワークは中期評価にも利用できます。この段階では、プロジェクト開始時に意図したアウトカムと実現しつつある実際のアウトカムを比較するのに有効です。この比較によって、プロジェクトの残り期間で望ましいアウトカムを実現するのにどのような変化が必要かをはっきりと見きわめやすくなります。

どう使うのか?

1

モデレーターが、厚紙などに表示したアウトカム・スペースの概念マップを紹介し(図参照)、3つのスペースについて次のように説明します。
「第一のアウトカム・スペースは“状況”内や探求分野内、すなわち、私たちの研究協力者とクライアントの日常的な世界の改善です。状況の変化は制度上のことかもしれないし(例:政策の変更)、生物物理学上のことかもしれません(例:効率のよい水利用)。第二に、厳密な学術的知識、ほかの形態の知識をはじめ、関連する知識(意思決定ツール、産業レポート、インタラクティブなウェブサイト、アプリなど)のストックとフローの生成です。これは、研究参加者すなわちクライアントと協力者の両方、そして広範な受益者すなわち産業部門や市民にとって知見をアクセス可能で有意義なものにするためです。最後に、研究者と研究参加者、両方による変革型の相互学習のアウトカムは、持続的な変化の可能性を高めます」(Mitchell、2015年  #1473, p. 90) モデレーターが知識のストックとフローの違いを解説することもあります―ストックは研究を行うこと、新知識の創造、厳密な学術的知識、科学論文の執筆。フローは必要な人、望む人に対して有意義な役立つ方法で研究を利用できるようにすること(Duncan et al.、 2020年)

2

参加者が各自の期待をカードに書きます。同じアウトカム・スペースに複数の期待を書くこともあれば、必ずしも3つのスペースすべてに期待を書かないこともあります。

3

参加者がカードを概念マップに貼り、アウトカム・スペースのどれかに置きます。

4

モデレーターが各スペースをチェックして、参加者に各自の期待について一言述べるように求めます(目的が、たとえば研究者の期待が社会の他部門の代表者の期待と異なるかどうか明らかにすることなら、参加者の種類ごとに色分けしたカードを使う方法があります)。

5

必要ならば、グループで話し合い、期待がそれぞれプロジェクト境界の内側に入るか外側に入るか、これら望ましいアウトカムをどうすればプロジェクト計画に組み込めるか決めます。

考え方の相違をどう埋めるのか?

ほかの参加者がどのアウトカムを期待しているか学ぶと、互いをよく知り、互いの考え方もよく知ることができます。

結果・成果は何か?

アウトプットはプロジェクト参加者の総意で期待するプロジェクトのアウトカムです。マップは、この期待を検討中の状況、知識のストックとフロー、学習との関連で分類します。ステップ5で、期待されるアウトカムはそれぞれプロジェクト境界の内側に入るか、外側に入るかさらに分類されます。

誰がどんな役割を担うのか?

参加者はプロジェクトチームのメンバーで、グループで共有する前に個別に自分の望ましいアウトカムをよく考えます。モデレーター1名がプロセス全体を進行します。

もっと知るには?

Mitchell C, Cordell D, Fam D 2015. Beginning at the end: The outcome spaces framework to guide purposive transdisciplinary research. Futures 65, pp 86-96. doi.org/10.1016/j. futures.2014.10.007

Duncan R, Robson-Williams M, Fam D 2020. Assessing research impact potential: using the transdisciplinary Outcome Spaces Framework with New Zealand’s National Science Challenges. Kōtuitui: New Zealand Journal of Social Sciences Online: doi.org/10.1080/1177083X.2020.1713825.

このリーフレットは、td-netによる「知の協働生産のためのツール集」を翻訳したものです。最新の情報については、td-netのウェブサイトをご覧ください。

(https://naturalsciences.ch/co-producing-knowledge-explained/methods/td-net_toolbox)

ミッチェル, C., ファム, D. 2021、アウトカム・スペース・フレームワーク、大西有子(監訳)
TD研究のツール集、総合地球環境学研究所. Mitchell C, Fam D 2020. Outcome spaces framework. td-net toolbox profile (9). Swiss Academies of Arts and Sciences: td-net toolbox for co-producing knowledge. www.transdisciplinarity.ch/toolbox. doi.org/10.5281/zenodo.3717200

リーフレットはこちらからダウンロードできます

知の共創プロジェクト 知の共創プロジェクト
BACK