参加者の経歴、専門知識、関心に基づいて共有トピックを中心にグループ編成するための図

ベン図ツールとは?

ベン図ツールは、関心のある共有トピックに関して、参加者それぞれの専門性(経歴、関心、専門分野など)を図式化して明確にするものです。ベン図は重なり合う3つ以上の円で構成され、各円はトピックを表します。参加者は、各自の専門知識と関心に基づいて、1つの円もしくはオーバーラップ領域に割り当てられます。多様な人々が集まったグループで本ツールを採用すると、次の点で役立ちます。
1)参加者の専門知識の多様性と分布がわかる。
2)共有トピックを中心に参加者をグループ分けできる。

なぜ使うべきか?

知識の共創では、経歴、関心、専門知識が個々に異なる多様な参加者が集まります。ベン図を作成すると、参加者が共有トピックに対する互いの専門知識や関心を意識できるようになります。その結果、参加者が自発的にサブグループに分かれたり、モデレーターが透明性を持ってグループ編成できたりします。

いつ使うべきか?

ベン図ツールを共同プロジェクトの初回のワークショップで採用すれば、互いを知り、知識共創のためのトピックを決めるのに役立ちます。

どう使うのか?

1

モデレーターが参加者またはプロジェクトリーダーに相談して、どんなトピックをベン図にまとめるか明確にします(たとえば、食と健康と環境)。

2

モデレーターがベン図を用意します。

3

参加者がグループに分かれる前に、たとえば、ミーティングで、あるいはワークショップ開始時に、まずモデレーターが参加者にベン図を説明します。ベン図は大判の紙に印刷するか、手書きします。スクリーンに映写する方法もあります。どの手段を使うか決めるときは、どうすれば参加者のインプット(意見や情報)をベン図にまとめることができるか(ミーティングやワークショップで)に留意することが大切です

4

モデレーターのサポートを受けながら、参加者が一人ずつ自分を表す画像かポストイットをベン図に貼っていきます。そして一人ずつ手短に自分の経歴を紹介し、ベン図のどの領域になぜ関心があるのか説明します
・グループ1は、インパクトの変数の分類と体系化をさらに進め、インパクトの変数ごとに将来の展開を特徴づける値の範囲を定義します。(すべての変数が必ず「所有」されている、すなわち参加者の少なくとも1人が決定可能であるようにしてください)。
・グループ2は、将来の展開のさまざまなビジョンを直観的に考え、そのビジョンを明快な理解しやすい文章や絵で表現します。

5

全員がベン図に配置されたら、モデレーターは、ベン図を見て知識共創の共有トピックとグループについての提案を参加者に求めます。チームの多様性(ジェンダー、人種、年齢、専門分野などに関して)が要求されるとか、ほかにチームの構成基準がある場合、それに応じて参加者に変更案を求めます。このグループ分けの変更は画像やポストイットを移動させるか、ベン図に直接印を付けて行います。

考え方の相違をどう埋めるのか?

ベン図ツールでは、モデレーターと参加者が考え方の違いをはっきり認識しなければなりません。その違いは、参加者がトピックの「全景」に自分を置き、どんな専門知識に貢献できるか説明するときに現れます。物理的に重複と共通点が視覚化されるベン図は、違いよりもさらにはっきりと参加者が共有している関心を見つけようとするツールです。

結果・成果は何か?

第一のアウトカム(成果)は、一連の共有トピックが決まり、知識共創に向けてトピックをさらに整理するための関心ある参加者グループが編成されることです。 第二のアウトカムは、部屋に集まった人々の異なる経歴、関心、専門知識をより意識するようになることです。違いを比較し、重なり合う領域があることを確認できます。

誰がどんな役割を担うのか?

プロセスをサポートするモデレーターがいると有益です。ただし、ベン図の領域への振り分けは参加者自身が主体です。

必要な準備は?

ポストイット、大判の紙に印刷したベン図、マーカーペン。あるはノートPCとプロジェクター。

やらないほうがいい場合

ベン図ツールは中規模グループ(10~30人)に適しており、小人数や大人数のグループには適していません。

もっと知るには?

現在のところベン図ツールに関する出版物などはない。

このリーフレットは、td-netによる「知の協働生産のためのツール集」を翻訳したものです。最新の情報については、td-netのウェブサイトをご覧ください。

(https://naturalsciences.ch/co-producing-knowledge-explained/methods/td-net_toolbox)

ピアス, B. 2021、ベン図ツール、大西有子(監訳)、TD研究のツール集、総合地球環境学研究所
Pearce B 2020. Venn diagram tool. td-net toolbox profile (6). Swiss Academies of Arts and Sciences: td-net toolbox for co-producing knowledge.
www.transdisciplinarity.ch/toolbox. doi.org/10.5281/zenodo.3717541

リーフレットはこちらからダウンロードできます

知の共創プロジェクト 知の共創プロジェクト
BACK