お知らせ 

2021/11/11

「気候変動について伝えたい10のメッセージ 2021年版」発行のお知らせ

フューチャー・アース、アース・リーグ、WCRP(世界気候研究計画) による「気候変動について伝えたい10のメッセージ」(公式翻訳版タイトル:「気候変動について今伝えたい、10の重要なメッセージ」)の2021年版が発行されました。

「気候変動について伝えたい10のメッセージ」は、地球温暖化に関して直近1年間に新たに分かった科学的知見をもとに、政策決定者や市民に向けた10項目のメッセージとしてまとめたものです。

原題は「10 New Insights in Climate Science 2021」。2017年からCOPの開催に合わせて毎年発行されています。

気候変動について今伝えたい10の重要なメッセージ2021年版
気候変動について今伝えたい、10の重要なメッセージ 2021年版

2021年版の10のメッセージは以下のようになっています。

1.1.5℃の温暖化で安定化させることはまだ可能。そのためには、世界全体で、ただちに、大胆な行動を起こす必要がある。

2.メタンと亜酸化窒素の排出量の急速な増加により、地球は2.7℃温度化する。

3. 気候変動は、これまでにない大規模な火災ー巨大火災ーを誘発し、甚大な被害をもたらす。

4.気候の「転換点」(ティッピング・エレメント)は、非常に大きな影響を及ぼすリスクを伴う。

5.世界的な気候変動対策は、公正でなければならない。

6.家庭での行動変化を推進することは、気候変動対策に不可欠。

7.政治的な課題のために、「炭素の価格付け」(カーボンプライシング)の効果は抑えられている。

8.パリ協定の達成には「自然に基づく解決策」(Nature based solutions)が不可欠。

9.気候変動に適応した保全と管理、そして国際的な責任ある管理により、海洋生態系の「回復力」(レジリエンス)を高めることができる。

10.気候変動の緩和にかかる費用は、それにより救われる命や疾病の減少、および環境の保全と回復のための経済的価値と比べ、低いか同程度である。

IPCC第6次評価報告書との違いも書いた、note記事もぜひご覧ください。

コメントをどうぞ (事務局にて承認されてから表示されます。)